医療法人社団 威風会 栗山中央病院

文字の大きさ
Tel.043-421-0007 〒284-0027 千葉県四街道市栗山906-1

医師の紹介

中島 康代

皮膚・形成外科 中島 康代

旭川医科大学卒業
医学博士

専門領域 形成外科、皮膚科、美容相談
所属学会
資格
日本形成外科学会
日本褥瘡学会
日本マイクロサージャリー学会
日本創傷外科学会
NST認定医
日本褥瘡学会認定師

取り扱う疾患

切傷 擦傷 火傷(やけど) 褥瘡(とこずれ)
手の外傷(腱損傷・切断など)
鼻骨や頬骨の骨折
皮膚や皮下の腫瘍(粉瘤・脂肪腫など)
巻き爪
傷痕の相談(ケロイド・手術や外傷後の傷やひきつれ)
ほくろ あざ しみ いぼ
かぶれ 虫刺され 蕁麻疹 水虫 イボ にきび
帯状疱疹 帯状疱疹後神経痛 など

帯状疱疹後神経痛でお悩みの患者さまへ

帯状疱疹とは?

痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)の初感染では水痘(みずぼうそう)になりますが、この時に主に皮膚にでた発疹から神経を伝わって所属の後根神経節内にウイルスが潜伏するといわれております。後根神経節内に潜伏感染していたウイルスが何らかの誘因で、再活性化して発症するのが帯状疱疹です。誘因として過労や悪性腫瘍の合併を含めて宿主の免疫機能の低下、手術や放射線照射などがあげられます。ウイルスが再活性化されると神経節内で増殖し、知覚神経を通って表皮に達し、表皮細胞に感染しそこで更に増殖して、赤い丘疹や水疱が神経の走行に沿って帯状に出現します。他のヒトから感染して帯状疱疹になるわけではありません。(日本皮膚科学会ホームページより)

帯状疱疹後神経痛とは?

疼痛は普通皮疹の出現に先立って認められますが、皮疹と同時に出現するものや遅れて出現するもの、あるいはまったく疼痛を欠くものもあります。痛みは鈍い、あるいは鋭い灼熱感、または突き刺すような痛みで、程度は軽度のものから、夜も眠れないほど激烈なものまでさまざまです。大部分は皮疹の治癒と同時に疼痛も消失しますが、一部の症例では皮疹治癒後にも痛みが残り、年余にわたって疼痛が続く場合があり、これを帯状疱疹後神経痛といっています。3ヶ月以上続く疼痛を特に云うようになっています。帯状疱疹後神経痛の発生率は約3%で、60歳以上の高齢者に多くみられ、初期重症な者ほど移行しやすいと云われ、初期の抗ウイルス薬投与の重要性が叫ばれております。(日本皮膚科学会ホームページより)

形成外科・皮膚科